楽スルとは

楽スルとは

楽スルとは、「楽しい」×「楽(らく)」をコンセプトとした、タックス独自の新車カーリースです。

楽するPoint1:毎月のお支払いが定額なので、お財布にも生活にも楽×楽です! 楽するPoint1:毎月のお支払いが定額なので、お財布にも生活にも楽×楽です!

毎月のリース料金に、標準メンテナンス費用、税金、自賠責保険など、リース期間に発生する車両維持のための必要経費が含まれていますので、お支払い金額が毎月定額になります。

お支払いに含まれている項目

登録諸費用 期間中の継続車検 オイル交換 期間中の自動車税 期間中の重量税 環境性能割 期間中の自賠責保険料 オプション(フロアマット・サイドバイザー・セレクション車の場合設定されたオプション)

楽するPoint2:リース契約なら月々のお支払い金額も定額・低額に抑えられるので楽×楽です! 楽するPoint2:リース契約なら月々のお支払い金額も定額・低額に抑えられるので楽×楽です!

リース料金の算出には、車両本体価格から売却予想価格(設定残価)を差し引いた金額より算出しますので、月々のお支払金額を軽減することが可能です。

おクルマの残価(=価値)はきちんとメンテナンスすること、大切に乗ることで大きく変わります。
価値の高いおクルマは、契約満了時にお客様に還元されますので、追加メンテナンスをお付けになる事をご検討ください。

楽するPoint3:点検・車検もパッケージされて、メンテナンスも楽×楽です! 楽するPoint3:点検・車検もパッケー ジされて、メンテナンスも楽×楽です!

 期間中の継続車検、オイル交換といったベースのパックは「楽スル標準パック」として装備。おクルマをもっと大切に乗っていただくために追加メンテナンスもご準備しています。店舗までご相談ください。

(例)●スケジュール点検●法定点検●オイルエレメント交換●ワイパーゴム交換 ●ブレーキオイル交換●冷却水交換●タイヤ交換●バッテリー交換●ベルト交換●ACベルト交換 ●ブレーキパッド交換●点火プラグ●エアコンガス●パンク修理

楽するPoint4:リース期間満了時
                も手続き楽×楽です! 楽するPoint4:リース期間満了時も手続き楽×楽です!

リース契約満了時には、こちらの4つの方法からお選びいただけます。

次のおクルマにお乗り換えいただけます。

契約延長(再リース)で、引き続きお乗りいただけます。(12カ月または24カ月です)

買い取りいただくことが可能です。※経費計上された車両は原則除きます。

リース満了時におクルマをご返却いただけます。(オープンエンド方式の場合設定残価と査定額との差額精算が必要になります。)

※リース契約の形態によってはお選び頂けない場合がございます。

カーリースの仕組み

カーリースとは カーリースとは

カーリースとは、ご希望の車両を一定期間、月々一定の金額で賃借して使用する方法です。お客さまのご希望の車両(新車)を準備して使用します。カーリースでは、車両代金・登録諸費用・税金・保険料といった必要経費がパッケージされているため、購入やローンと違い、諸費用などの資金の準備が不要です。

イメージ図:タックス店舗がリース会社の代理店として、お客様とカーリース契約を締結します。

カーリースの種別1 カーリースの種別1

カーリースには、車両購入・登録・税金等に関わる費用のみをリースとして契約するファイナンスリースと、車両購入・登録・税金等の他に点検整備・車検・メンテナンスといった項目もリース料に含むメンテナンスリースの2種類があります。

→横にスクロールできます

表:メンテナンスリースとファイナンスリースの、リース料に含む項目の違い

カーリースの種別2 カーリースの種別2

カーリースの場合、お客さまのリース期間における車両予想走行距離などから残存価格を算出し、リース料の総額に含まない様に設定することが一般的です。 残存価格とはリース満了時の車両売却予想価格のことで、カーリース契約ではリース満了時に設定残存価格と市場価格との差額を精算するオープンエンド方式と精算を行わないクローズドエンド方式の2種類があります。

→横にスクロールできます

表:オープンエンド契約とクローズドエンド契約の残価精算方法の違い

レンタカーとの違い レンタカーとの違い

カーリースとレンタカーでは、「車両」を「賃借」するという意味では基本的に同じですが、 特定のお客さまに専用で長期間賃借するカーリースと、不特定多数のお客さまに一時的に賃借するレンタカーという大きな違いがあります。

→横にスクロールできます

表:オープンエンド契約とクローズドエンド契約の残価精算方法の違い
楽×楽乗れる新車を探す お近くの店舗を探す ご契約までの流れ